豊胸手術や鼻の手術でモデル体型に|美人は作れる

女性

妊娠後のたるみにも

20代の頃は肌のたるみなんて知らなかった私ですが、妊娠により状況は一変しました。出産後も日に日に状況が悪化していたのですが、友人に進められた美容整形により、空いた時間でたるみ取りが行えたのです。

Read More

複数の施術方法

脂肪吸引の施術には、複数の方法があり、現在では冷却式の『フリーズファット』施術などを利用するケースも増えています。名古屋は、地理的にも日本の中央部に位置しており、最近は全国的に注目される場所でもあります。

Read More

シリコンを挿入

豊胸手術で美乳を手に入れてみませんか。クリニックで行われている手術方法の種類から料金まで徹底リサーチしています。

豊胸手術の歴史を勉強しよう

胸が豊かな女性は女性らしさの象徴でもあり、異性を引き付ける魅力があります。そのために、胸の豊かな女性になる事は、多くの女性にとっては憧れでもあります。 豊胸手術はすでに紀元前には行われていたという話もあるようですが、近代的な豊胸手術の始まりは100年ほど前のアメリカであると言われています。その頃の豊胸手術というのは、美容整形を目的とした美容外科というよりも、医療的な面が強い形成外科といった方が良いです。乳がんの治療の後の乳房再建が目的で、パラフィンやワセリンのような人工物を胸に直接注入するものでした。この方法は細胞の壊死や合併症などの問題があり、現在では行われていないです。 その後は、シリコンバッグが登場し、シリコンバッグは割れた場合に問題が起こるために、その後に一時的に使用が禁止されました。シリコンバッグの登場後は、バッグを改良する事で、生理食塩水のバッグや、現在主流となっている割れても中身が周囲に漏れにくいコヒーシブシリコンバッグが登場しています。

バッグ挿入法の特徴

現在の豊胸手術にはいくつか方法がありますが、その中でも比較的古くから行われているバッグ挿入法について簡単に説明します。 バッグ挿入法というのは、昔はシリコンバッグを胸に挿入する方法を行っていました。現在では単純なシリコンバッグの挿入は、内部で破損した時に体に悪影響があるという事で使用されていないですが、バッグの挿入はシリコンバッグがベースとなっています。現在主流となっているバッグ挿入法はコヒーシブシリコンバッグと呼ばれるものです。単純なシリコンバッグとは違って、万が一破損しても内部に漏れにくいという特徴があります。 バッグ挿入法の特徴としては、かなりのサイズアップをする事も可能であり、他の方法では出来ないサイズアップも可能です。また、バッグを挿入するために徐々に体に吸収されて元のサイズに戻ってしまうという事もないです。

人気がある整形

大阪の美容外科では、ダンゴ鼻を解消する施術が人気を集めています。鼻突修正施術と呼ばれるもので、ダンゴ鼻の原因となる軟骨や脂肪を取り除いていきます。メスを入れる際は、鼻の穴の内側から入れていきます。

Read More